ベゴニア

冬咲ベゴニア・ラブミー

冬咲ベゴニアは、別名でベゴニアケイマンタとも呼ばれる品種群です。
インド洋に浮かぶソコトラ島原産のソコトラーナに南アフリカ産のドレゲイを交配して130年ほど前に最初の品種が作られました。ソトコラ島はアラビア半島のイエメンに所属する島ですが、生態系の固有種率がとても高く「インド洋のガラパゴス」とも呼ばれる島です。ソトコラーナは南米原産の球根性ベゴニア との交配でリーガースベゴニアも生み出しておりベゴニアの園芸品種の重要な品種です。

栽培方法にもよりますが、株を覆う様にピンクの花が咲きます。

関連記事

  1. レッドフレッドの花
  2. lanceolata(sp) ランセオラータ
  3. ジニーが隠れて満開
  4. ダースベイダーというベゴニア
  5. ベゴニア原種ルクスリアンスに花が
  6. Gekkyuden/ゲッキュウデン(月宮殿)
  7. 初夏、Nagareboshi/ナガレボシ(流れ星)
  8. 可憐なクリスマスローズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP